業務用痩身機器の購入をご検討中のエステサロン経営者の皆さん。業務用痩身機器には本当にたくさんの種類が合って、どれを選べばいいのか迷いますよね。

しかも、チェックポイントは機械のスペック以外にも、価格サイズサポート体制保証期間の有無など多岐にわたります。

この記事では、元痩身エステサロンオーナーである筆者が痩身機器の種類についてわかりやすく解説。それぞれの特徴を選んだ上で、サロン経営にもってこいの痩身機器を見つけて見てください!

  1. そもそも業務用痩身機器ってどんなもの?
  2. 業務用痩身機器で痩せる仕組みとは?
  3. 大まかな分類
  4. もっと詳しく見ていく
  5. 複合マシンも合わせて検討すべき
  6. 業務用痩身機器はどうやって選べばいいのか
  7. 複数機能を搭載した業務用痩身機器なら1台で満足度の高い施術が可能
  8. お客さんの需要を見極める
  9. まとめ

そもそも業務用痩身機器ってどんなもの?

まず大前提として、業務用痩身機器とはどんなものなのかを解説します。

痩身機器とは、読んで字のごとく体を痩せさせるための機械のこと。その中でも業務用痩身機器は、エステサロンなどに導入されている本格的な痩身機器です。

家庭用にも痩身機器は販売されていますが、業務用痩身機器は家庭用と比べて出力レベルが高く、即効性あります。

出力レベルが高い分、痩身エステについて知識が無い人が取り扱うのは危険な場合も。痩身機器の仕組みや効果、肌ケアについて、ノウハウを持ったエステティシャンによって取り扱われる必要があります

業務用痩身機器で痩せる仕組みとは?

業務用痩身機器で痩せる仕組みとは?

業務用痩身機器を使用するとなぜ痩せることができるのでしょうか? その理由は以下の通り。

特殊な電磁波や超音波を発する機械、または脂肪を吸引するローラーなどを肌に押し当てることによって、脂肪や筋肉に刺激をあたえ、体の新陳代謝を促します

血行が促進され、老廃物が排出されるようになり、基礎代謝が上昇することによって、体が痩せやすい体質に変化していきます。また、脂肪を溶かして体外に排出するという、直接的な効果もあります。

使用する業務用痩身機器によって、脂肪や筋肉へのアプローチの方法は異なりますが、ざっくり説明すると上記のような仕組みになります。

以下ではさらに詳細に、業務用痩身機器の種類について詳しく見ていきます。

大まかな分類

業務用痩身機器を大まかに分類すると以下の通り。大きな分類の中にも更に様々な商品が存在しますが、まずは業務用痩身機器の全体像から把握しましょう!

  • ラジオ波系
  • キャビテーション系
  • EMS系
  • 脂肪吸引・ローラー系
  • 脂肪冷却系

それぞれ詳しく見ていきます。

ラジオ波

ラジオ波を利用した痩身機器は、一定の周波のラジオ波 (高周波)を体に当てて、体の中から体温を上昇させることによって脂肪を燃焼させる仕組みです。イメージとしては、電子レンジと同じ仕組みという認識で問題ありません。

体を温めるだけであれば、温泉やサウナに行けば問題ないのでは? と思われる方もいらっるかもしれませんが、体の外側にある熱源で体を温めても、人間は脳の指令によって汗をかいて、皮膚温度を下げようとするため、脂肪の燃焼に効果を発揮しにくいのです。

一方でラジオ波による施術は、体の内部を温めるため、脂肪の燃焼、リンパの流れの改善、代謝の促進、老廃物の排出が可能です。

施術そのものは体温を上げること事態に目的があるため、即効性があるというよりも、徐々に痩せやすい体質に改善していく施術といえます。むくみや冷え性に悩んでいる方にもおすすめです。

キャビテーション

特殊な超音波脂肪細胞を破壊するのがキャビテーションです。脂肪層にまで到達する周波数の音波で、脂肪細胞の周りに気泡を発生させ、細胞膜を破壊します。壊れた細胞は、リンパの流れによって体外に排出されます

上記のような施術方法であるため、「脂肪溶解マシン」、「切らない脂肪吸引」とも呼ばれています。

脂肪細胞を破壊した後その老廃物が体内から排出されるまでには、一定の時間経過が必要になりますが、痩身機器を使用した施術の中では、即効性の高い施術であると言えます。

脂肪細胞そのものを破壊することができるため、リバウンドの心配がすくないというメリットが上げられます。類似の施術方法としては、ハイフ(HIFU)があります。

EMS系

EMSのイメージとしては、電流が流れる腹筋ベルトのようなものだと思ってください。

筋肉に電流を流すことで、筋肉に刺激をあたえ、筋トレと同じような効果を発生させます。筋肉を鍛えて、脂肪が燃えやすい体に改善していくことで、だんだん痩せていこうというアプローチ方法です。

日頃から運動不足の方、筋肉を付けて痩せやすい体質を手に入れたい方、適度に筋肉を付けてボディーラインを整えたい方におすすめです。

脂肪吸引・ローラー系

掃除機のような器具で脂肪を吸い上げながら、特殊なローラーでローリングをすることで、凝り固まったセルライトなどをほぐしていく施術方法です。肌の凸凹を解消するのに適した施術方法で、セルライトの解消だけでなく予防にも効果的です。

血液やリンパの流れがスムーズになり、新陳代謝が促進されることで、美肌効果にも期待できます。 セルライトを解消したい方、むくみを改善したい方におすすめです。

人によっては痛みを感じる方もいる点はデメリットといえます。

脂肪冷却系

脂肪冷却は、ラジオ波のような体を温める施術方法とは反対に、脂肪を一定の温度まで下げることにより、脂肪の分解を促進させる施術方法です。脂肪は4°になると凍り始めるという特性を生かし、脂肪冷却をすることによって、脂肪細胞を結晶化させ老廃物として排出させようとする仕組みです。

キャビテーションと同じく、脂肪細胞そのものを壊すため、リバウンドのリスクが少なく、体質そのものを痩せやすい体に改善したいという方におすすめです。

もっと詳しく見ていく

ここまで、大まかに痩身機器について分類してきましたが、以下ではさらに詳しく業務用痩身機器について詳しく見ていきましょう。

ラジオ波系マシン

サーモシェイプ

引用:https://www.thermo-shape.com/about/

40.68MHzの特殊な周波数を肌に照射することによって、体内の深部まで体を温めることが可能なのがサーモシェイプです。一般的なラジオ波の加熱方法とは、全く異なる原理で肌を温めます。

肌が熱くなりすぎることもなく、心地よく施術を受けられてもポイントの1つ。部分痩せをしたい方にも、全身痩せがしたい方にも効果的なマシンです。

インディバ

引用:http://www.hermoso-indiba.com/indiba/

インディアは がん治療を目的として開発された高周波温熱機器です 。二つの電極で体を挟み、その間を高周波が行ったり来たりすることによって、体内の細胞分子が振動し、摩擦熱で体が温まる仕組みです。体の深い部分に到達するラジオ波を当てることによって、脂肪をじっくり温めて燃焼させていきます

ハイパーナイフ

引用:https://wamu-gr.co.jp/product/hyperknife/

高周波による温めと、特殊な形状のハンドピースによるほぐしで 、脂肪の燃焼と新陳代謝の促進という両面に効果を発揮するのはハイパーナイフです。ラジオ波と吸引ローラーを組み合わせたような性能となっているため、より効率的な施術が可能になります。

キャビテーション

Cavistar EXCEED

引用:https://cavi.jp/products/cavistar-exceed/

こちらのマシンは、キャビテーションだけでなくラジオ波、吸引も行うことができるという特徴があります。

キャビテーションによって脂肪細胞を破壊した後は、吸引でリンパの流れをよくすることによって、老廃物を排出する効果が高まり効率的に痩せることが可能になります。

ウルトラハイフ

引用:https://worldassociates.co.jp/u-hifu.html

キャビテーションと類似の痩身機器の1つとして、ハイフ(HIFU)という施術方法があります。

ハイフとは、高密度焦点式超音波治療法とも呼ばれており、超音波を一点集中式で肌に照射して脂肪を溶かします。キャビテーションと仕組みはほとんど同じですが、出力が高いため、クリニックなどの医療機関での使用が推奨されます。エステサロンへの導入はおすすめできません。

ウルトラハイフは、ハイフ機器の代表的なマシンの1つです。

EMS系

プロテクノウェーブ

引用:https://www.ci-z.com/machine/proteck.html

安全な電気で、眠った深層筋肉を稼働させます。通常の生活を送っているだけでは使用しないような、深層部の筋肉も鍛えられるため健康的な身体づくりにも役立ちます。

寝たままで有酸素運動ができるので、運動が苦手、運動不足という方におすすめのマシンです。

ボディセラプロ

引用:http://www.beauty.itolator.co.jp/product/body_thera_pro.htm

部位別に7つのプログラムと、パターンの異なる3つのEMSプログラムを搭載しているマシンです。

部位別のアプローチが可能なため、部分的に筋肉を鍛えたい人、部分的に痩せたい人におすすめです。

脂肪吸引・ローラー系

エンダモロジー

引用:https://www.endermologie.com/jp/

エンダモロジーは、フランスで開発されたマシンで、化粧品よりも効果的で、外科的な処方よりも痛みが無く安全な、第3の美容法と呼ばれています。

セルライトをほぐし、ボディラインを整えるだけではなく、肌を優しく刺激することで、眠っている肌のハリなどを再生させる美肌効果もあります。

ルミセルタッチ

引用:https://www.ci-z.com/machine/rumise.html

ルミセルタッチは、脂肪吸引系の痩身機器の代表的なマシンです。吸引とローリングによる脂肪のもみほぐしだけでなく、2種類の特殊な光の照射によって脂肪を柔らかくすることで、効率よく痩せることが可能になります。

2種類の光(赤外線A波、マゼンタ光)はそれぞれ異なる層の脂肪に働きかけることが可能。吸引とローラーを組み合わせることによって、新陳代謝を促進します。

脂肪冷却系

脂肪冷却系の痩身機器代表例は以下。

cool 4D

引用:https://est-pro.co.jp/apparatus/list/cool4d/

細胞内にある水分は0℃で凍りますが、脂肪は4℃で凍ります。この性質を活かして、脂肪だけを凍らせることで、脂肪細胞を破壊し老廃物として排出しようとするのが、このマシンで痩せられる仕組みです。

外科手術や投薬による施術ではないため、安全に痩せることができます。

複合マシンも合わせて検討すべき

業務用痩身機器の中には、1つの機能のみを有したマシンも存在しますが、上記で紹介した機能を1つのマシンの中に多数所有している機器も存在します。複合的な機能を有した業務用痩身機器は使い勝手がよく、多くの脱毛サロンで重宝されています。

代表的な複合型業務用痩身機器

SecretMes(シークレットメス)

secretmes

シークレットメス

公式販売サイトはこちら

業界でも屈指の、多機能業務用痩身機器です。キャビテーション・ラジオ波・吸引・EMSなどの、定番機能だけでなく、サーマルフラクショナルやエレクトロポレーション、LEDも搭載。1台で何役もこなす驚きの性能を保持しています。

  • 価格:200万円
  • 機能:キャビテーション、ラジオ波、吸引、EMS、サーマルフラクショナル、エレクトロポレーション、LED

セルライトゼロ

cellulite_zero

セルライトゼロ

公式販売サイトはこちら

こちらは、キャビテーション・ラジオ波・吸引・LED・レーザーダイオードなどの、機能を有した業務用痩身機器。痩身機器ですが、主に美容器に搭載されるLEDが搭載されている点が他と少し異なる点です。

  • 価格:156万円
  • 機能: キャビテーション、ラジオ波 、吸引

フォースカッター

forcecutter

フォースカッター

公式販売サイトはこちら

ラジオ波・吸引・EMS・エレクトロポレーション・LEDを搭載した業務用痩身機器です。こちらも美容器としての機能を保持しており、美肌効果が期待できます。

  • 価格:230万円
  • 機能:ラジオ波 、吸引、EMS

業務用痩身機器はどうやって選べばいいのか

ここまで業務用痩身機器の種類について解説してきましたが、この記事で解説した商品は、あくまでも代表的な一部商品だけです。

これほどたくさんの商品がある、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。見るべきポイントとしては、まずは価格です

価格相場を把握したうえで後悔の無い業務用痩身機器を選びましょう。

痩身機器の相場を確認

業務用痩身機器を購入する際には、複数の商品を事前に比較して、値段相場を把握しておきましょう。

また、レンタル料金やリース料金も確認しておくと良いでしょう。 投資できる予算を十分に考慮した上で、どのように痩身機器を導入するのが好ましいかをよく考えましょう。

以下、複合的な機能を持った瘦身機器機器の価格をピックアップしてご紹介します。痩身機器を選ぶ際の目安として、参考にしてみてください。

複数機能を搭載した業務用痩身機器なら1台で満足度の高い施術が可能

上記からわかるように、やはり複合型という事だけあって、全て数百万円台の商品になっています。お客さんの肌に当てるものですから、数百万円の費用がかかることは、仕方のないことといえるでしょう。

着目すべきポイントは、それぞれの機種で行える施術方法と値段です。値段が一見安く見えても、機能が1つしか備わっていない商品もあります。

痩身エステは様々な施術方法を組み合わせることで、より効率よく痩せることが可能になるため、複数の機能を搭載した商品を選ぶことをおすすめします。

お客さんの需要を見極める

エステサロンの地域や、スタッフの年齢層、サロン内の雰囲気などによってお客さんは変わってきます。

ここまで紹介してきて分かるように、業務用痩身機器は、施術方法によってどのような効果があるのかが異なります

EMSであれば筋肉を付けたい人におすすめですし、セルライトを解消したい人には、吸引・ローラー系の施術がおすすめです。お客さんの需要を見極め、ニーズに合わせた機器を導入できると、エステサロン経営が上手くいくでしょう。

まとめ

業務用痩身機器の種類について詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。それぞれの施術方法と特徴について詳細に理解することが、安心安全なサロン経営へと繋がります

高い買い物になるので、分からないことがあった場合、気軽にメーカーに問い合わせをすることも大切です。複数の業務用痩身機器の見積りをとってみることから、まずは初めてみてはいかがでしょうか?